合唱の季節

日曜日の中秋の名月、翌日のスーパームーン、素晴らしい輝きでした。1年に何度も満月はあるのに、やっぱりこの時期の満月は格別ですね。秋だな〜としみじみ。

そういえば爽やかな風、金木犀の香り、空き地のススキ等々、おっ、と思うことが次々にありました。ちょっと嬉しいんですよね、秋って。

秋といえば、中学校では合唱の季節。また今年も伴奏を引き受けて、俄然がんばるK君。クラス合唱と学年合唱と、2曲練習しています。学年合唱の「海の不思議」は平吉毅州先生の作品なので、ピアノが難しい! でも本当に良い曲です。大変だけれども、乗り越えたらきっと一つ上手くなるからね。

塾が大変でピアノは辞めてしまったけれども、伴奏のために短期でレッスン受けに来たMちゃんの「大地讃頌」も懐かしい! ついつい横で歌ってしまいます。

そして我が家の息子も、なんだかんだと3曲も弾く羽目になって、もう気が気でない。松下耕の「信じる」、「ヒカリ」、大熊崇子の「さくら」。

楽譜を見ながらなんて弾けませんから、全部覚えるのです。譜読みだけでも大変な労力・・・

もう、とにかく皆がんばれ〜。きっと力になるからね。

投稿者:

ゆう

ピアノ指導歴20年。 大人になるにつれて音楽を続けてきたことが宝物になっています。音楽を通じて、素晴らしい体験ができたり、人との出会いがあったり。 そんな素敵な音楽を楽しんでくれる人が増えたらいいなと、自宅教室でピアノを教えています。 こだちホールでの第二教室を開きました。より環境の整った空間で、幅広い年齢層の方々に楽しんでいただけるように、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です