猫の受難

久しぶりに猫の話題。

うちの猫、数日前に何でやったか不明なんですが足に怪我しまして。

気づいたら爪のあたりから血を出してました。どこかに引っ掛けてしまったのかな。自分で舐めて直すだろうとほっておいたら、爪の向きが変になってきてしまいました。猫は、怪我してもあまり弱みを見せない、痛がるそぶりをしないらしいですね。いつもと変わらずに過ごしているように見えたのですが、治りも良くないので心配になって、先日ついに病院へ行って診てもらいました。

獣医さんさんの前ではキャリーバッグから一歩も出ない慎重な子でした。無理やり引っ張り出されると固まって動けない気の小さな子でした!

足の方は、どうやら傷が化膿して腫れてしまっていて、押された爪が変な方に出てしまっていたようです。多分痛かったと思います。化膿止めの注射をしてもらいました。翌日からはお薬をしばらく飲ませてください、とのことで飲ませ方を教えてもらいましたが・・・これが上手くいかないったらない!病院では大人しかったのに、家では全力で抵抗します;;毎朝、ほぼ羽交い締めにし、数分格闘して奇跡的に飲んでくれた!みたいな状態で・・・尊敬します、獣医さん。

でもさすが、みるみる良くなりました。暑さで食欲ないのかな、と思い込んでいたけれど、傷が治ってくると同時に食欲も戻ってきていて、もしかしたら怪我のせいで元気がなかったのかも。鈍い飼い主でごめんね。

投稿者:

ゆう

ピアノ指導歴20年。 大人になるにつれて音楽を続けてきたことが宝物になっています。音楽を通じて、素晴らしい体験ができたり、人との出会いがあったり。 そんな素敵な音楽を楽しんでくれる人が増えたらいいなと、自宅教室でピアノを教えています。 こだちホールでの第二教室を開きました。より環境の整った空間で、幅広い年齢層の方々に楽しんでいただけるように、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です