4年ぶりのピアノコンサート

すでに先週のことになっていますが、こだちでのAutumn Piano Concert
終了致しました。

Piano アン•ドゥ•トロワのメンバーは、実に”今どき”ではなく…
宣伝も投稿も熱心にせず、写真も撮らず💧
身近なお客様にその場で聴いていただくこと、だけでした…
でも感想をお寄せ下さった多くの方がたの言葉、とても嬉しかったです。

今回は特にコロナ禍もあり、地味な活動のしかたになってしまいましたが、選曲やコミュニケーションや音楽的なことなど、大事にしたい事はちゃんと出来たかなと思います^ ^

そしてやっぱり仲間の存在が心強く!多くを語らなくても質の高いものをやってくれるので、100%信頼する有難い存在なのです。一緒に演奏出来て本当に楽しかった^ ^

聴きに来て下さったお客さまには本当に感謝です。

ありがとうございました😊

仲間の力

そういえば私、ピアノ演奏のユニットを組んでいる(けど活動は止まっている💧)。

学生の頃からのウン十年来の親友たちなのであるが、それぞれバラバラな生き方をしていて、人生のタイミングがまるで合わない。(それなのにやっぱりピアノを弾く時の信頼感は一度もブレたことがない)

まるで皆既日食くらいのレベルで、集まって何かやろうという気持ちと出来るという条件がやっとこさ合ってきて、一体何年越しなんだろう! 今こんなコロナ禍だけれども、コンサートのプログラムの準備をしようということになった❣️

実際にはコンサートができるのかは分からない。けれども、仲間が関わると曲を決めて練習するのにこんなに力が湧くんだなあと思う。

絶対の信頼感があって、彼女らはいい演奏に仕上げてくると思うから自分も劣るわけにはいかないという気持ちになる。ほんとは一人でできなくちゃいけないんだけど😓、やっぱり仲間って大切よね。