自分の音楽

久しぶりに真面目な考えを吐露してみよう

ピアノを弾く私のこの手、自由に思い通り動かせる感覚はない。

聴音の訓練も小さいうちにしてこなかったから、鳴っている音の確かな音名が分からない。

そうするとどうなのか、というと

指の動きに障害があればテクニックの難しい曲は避けて弾かないし、絶対音感で音が把握できないと、暗譜がとても難しい。いつでも途中で音が分からなくなる不安を抱えている。

そんな、イマイチな腕のピアノ弾きであっても、演奏の勉強がやめられない理由は。

人の心に届く音楽は、できる可能性があるから・・だろうか。

つねづね、この演奏はいいな、惹かれるなと思うものは、テクニックのうまさ、すごさとは100%関係しているわけではない、と感じてはいた。

だから人の心に届く音楽とはどういうものなのか、どうすれば良いのか、追求したい気持ちが私にはあるようだ。

弾けることを武器に売っていく(それも間違いなく大切なことではあるが)というより、自分の軸はやはり、”良いもの”を求めて演奏したり、触れたり、与えたり、そういうことなのだろうと思う。

投稿者:

usako

ピアノ指導歴20年。 大人になるにつれて音楽を続けてきたことが宝物になっています。音楽を通じて、素晴らしい体験ができたり、人との出会いがあったり。 そんな素敵な音楽を楽しんでくれる人が増えたらいいなと、自宅教室でピアノを教えています。 こだちホールでの第二教室を開きました。より環境の整った空間で、幅広い年齢層の方々に楽しんでいただけるように、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です