日曜日の楽しみ

大河ドラマ「青天を衝け」にハマっております。

まずオープニングの曲がいいじゃないですか。始めから音楽に心を震わされ、めちゃくちゃ聴き入ってしまう。コンサートでオーケストラを聴いているような気分で楽器を思い浮かべ 、しょっぱなから集中しているのである。

耳は音に集中しながら、画面では水墨画と創作ダンスが組み合わさったような舞台を見ている気分だし、本編に入っては、徳川家康の後ろの黒子さんたちの美しい動きにブラボー!

もちろんドラマの内容も楽しんでおりますが、久しぶりにトータルで大満足な作品に出会った幸せを噛み締めている日曜夜の小一時間なのであります。

ピアノサークル

追浜のコミセンのサークル ”リトルクラヴィーア” に参加させていただいています。あまりお話してなかったですが、ずーっと在籍しております。かれこれ何年だろう。月1で集まってピアノを練習する、という地味なサークルです….

しかしこの地味さが、最近はなかなか良いよな、と思うのであります。

時間を区切って参加者が順番に弾きます。私の場合、ある程度は通して弾けるくらいの自分のレパートリーを確認するような感じ。おぼつかない所も多々あるというレベルです。

でもこの会のために、全く練習していなかった昔触った曲など引っ張り出し、前日少しの時間練習する、それがとても貴重なのです。放っておけばやらないことなのだから!

短めの曲のレパートリーってまだまだ持てていないので、それを増やさなければというモチベーションにも繋がります。まあ、モチベーションだけで実際はなかなか増えないのですが。

ちょっと昔は何でも密度の濃い、意義のあるものを求めがちでした。それが今は、レベルも習熟度も関係なく、ただただ集まって弾き合うこともなんと大事な時間かと実感するのです。

コロナで思うように集まれない時間を経てのことなのか、単に齢を重ねて精神的に枯れていってるだけなのか💧😆

縁あって続けているものはいずれ自分に合うように形が変わっていくものなのかもしれないですね。

やってみる

先日「ハッピースマイルコンサート」が終了しました。

今回の催しは、”インクルーシブコンサート”といって、誰が来てもよし、声を出しても動いてもよし、みんな一緒に楽しみましょう、というものです。

赤ちゃんから高齢者まで、コンサートに足を運ぶことがなかった人も、音楽に詳しくなくても詳しくても、障害があってもなくても、車椅子でもそうでなくても、ちょっと行ってみたいなと思った人は全員来ていただけるというものを目指しています。

といっても、私たちそんなイベントやったのは初めてで、めちゃくちゃ手探りの状態で💧進行の仕方や演出にはいろいろと問題があったのですが、やってみたことで次への意欲が湧いてくるのを感じています。もっと上手く盛り上げたかったな〜

とっても意義のあることだと思うのです。音楽を届けて笑ってもらうこと。特に、いつもはそれぞれの事情でコンサートの敷居が高いという人たちに向けて届けること。

仲間の一人がこの企画を考え実行してくれたことによって、私の中で何か気づきがあったようです。漠然とした直感ではあるけれど(あ、もう論理的思考の人には一笑に付された言い方!^ ^;)、これは続けていって、進化させて、あわよくばアン・ドゥ・トロワのライフワークにできたら良いのではないかと!思ったコンサートでした。

ハッピースマイルコンサート♪

3月28日(日)に、Piano アン・ドゥ・トロワでミニコンサートを行います。

初の試みで、生の音楽を聴きたくてもなかなか足を運べない方向けのコンサートです。

声を出しても、動き回っても、車椅子でも大丈夫。みんなで音楽を楽しみましょう。

音楽はやっぱり元気のもと! そしてみんなのもの♪ 生の音は、その空間も豊かにしてくれると思います。


ご興味のある方、予約をしたい方はコメント欄にメッセージを下さい。

このようなインクルーシブ・コンサートは、広げていけたら素敵だなと思います。今回は都内での開催ですが、横須賀のほうでもいつかやってみたいです^^

インスタライブ♪

横須賀の馬堀海岸駅にある素敵なカフェ、「Space and cafe Monton」(スペースアンドカフェモントン)、ご存知ですか?

ピアニストでもある増田美穂さんがオーナーで、グランドピアノがあるカフェです。モントンではいろいろな音楽のコンサートがしょっちゅう行われています。

お店の雰囲気がとても心地よく、お茶もとっても美味しいです。

そのモントンでは今、コロナ禍の緊急事態宣言のために大変な思いをしている方々のために、また音楽の炎を消してはいけないという思いから、毎日30分のミニコンサートを届けようという試みをしています。『モントン音楽のある風景』

その場で生演奏を聴くほか、インスタグラムで生配信でも見られるのです。

そして、私の組んでいるピアノユニット、Piano アン・ドゥ・トロワも、1月26日(火)に演奏してきました。

https://www.instagram.com/p/CKfu17JjDO3/

とても楽しい時間でした。私たちが元気をもらいました。よかったらご覧ください。

発表会終わりました

出来る形であれば、”音楽なもの”を止めてはいけない、という思いで開催しました。
子どもたちは確かに、目標に向かってちゃんと頑張って自分の舞台を楽しみにしていたから。

万全な感染対策のために最後まで変更を重ね、これで良しと思っていたはず。受け入れてもらっていると信じていたはず…

でも、開催できて良かった、とすぐに素直に口に出せなかった… 緊急事態宣言の中、ご家族は本当は嫌だったのではないか、と悶々とする時間がしばらくあり…

1人1人にメールでお礼と演奏の感想を送りました。そしたらやっと、心が復活してきました。

無事に終わって良かった。

子どもたちの舞台はご家族も喜んでいると確信が持てました。

願わくば、皆さんが皆さんの演奏を不安なく落ち着いて見守ってあげられる世の中に早くなりますよう。

講師の皆さんと自分の家族のサポートには本当に感謝です。ありがとうございました💕

発表会に向けて

ピアノ教室は1月の発表会に向けて準備が始まっています。

生徒さんたちは順調に練習が進んでいることでしょう!?

今回はコロナ対策もあり、全体を二部に分けて20名弱ずつ、午前と午後に分かれて行います。コロナがなくても、全体が35名を越えると一部でやるのはなかなか難しいですね。一人一回ずつ弾くだけになってしまいます。それが少し残念なことと思っていました。

今回は分けたことで人数が少なくなりましたが、このコロナ禍では生徒さんたちのアンサンブルや連弾も控えなければなりません。それでも、寂しくなってしまわないように講師陣が頑張りますよ。話し合って連弾の曲も決めました。お楽しみに。

4年ぶりのピアノコンサート

すでに先週のことになっていますが、こだちでのAutumn Piano Concert
終了致しました。

Piano アン•ドゥ•トロワのメンバーは、実に”今どき”ではなく…
宣伝も投稿も熱心にせず、写真も撮らず💧
身近なお客様にその場で聴いていただくこと、だけでした…
でも感想をお寄せ下さった多くの方がたの言葉、とても嬉しかったです。

今回は特にコロナ禍もあり、地味な活動のしかたになってしまいましたが、選曲やコミュニケーションや音楽的なことなど、大事にしたい事はちゃんと出来たかなと思います^ ^

そしてやっぱり仲間の存在が心強く!多くを語らなくても質の高いものをやってくれるので、100%信頼する有難い存在なのです。一緒に演奏出来て本当に楽しかった^ ^

聴きに来て下さったお客さまには本当に感謝です。

ありがとうございました😊

調律しました

お教室のピアノを調律してもらいました

B-tech Japanの調律師さんが都内から来て下さいました。いつも自宅のピアノとこだちのピアノと二台まとめてお願いしています。

「こう弾いた時にこんな感じにうまくいかないんです」と言うと、「分かりました、その辺見ておきます」

終わって弾いてみると確実にうまく弾けるようになっています。

気持ちよく弾けると練習もしたくなります。

いつもありがとうございます。

ピアノ教室

お盆が終わり、この辺の地域では学校も今週から始まったところが多いようです。

エアコンはついていても窓を開けっぱなしで過ごさなければならず、暑くて大変なようですね。これ以上の猛暑にならないことを祈るばかりです。

さてピアノ教室の方もお盆休みは終わり、また後半に向けて頑張ります。来年の1月には発表会を控えています。無事に開催できると信じて、準備していきたいと思います。

一年の後半が始まるこの時期は、体験を希望される方が多くなるときでもあります。10月入会でしたら空いている枠がありますので、ご希望がありましたらぜひ9月中に体験にいらして下さい。

お問い合わせはお電話で

046-874-4270(こだち)

046-869-3680(久光)