村方先生を偲ぶ

村方千之先生というのは、私が音楽に開眼するきっかけを与えてくれた、偉大な指揮者先生です。残念なことに昨年12月に旅立たれてしまったのですが・・・

今日は、先生を偲ぶ会があり、多くの門下生とともに、生前のたくさんの思い出に浸ってきました。

指揮法のレッスンに通い、真の音楽が先生の指揮から生まれ出てくる時の、なんとも言えないわくわくした気持ち、探していたものが見つかったような、これだ、という確信。その時初めて、音楽によって震えるような感動をしました。そして、ここに音楽をやる意味がある、と分かった瞬間でした。

ずっとピアノをやっていながら、ただただミスをしないだとか、強弱をつけるだとか、外側の形を整えるだけの演奏しかできていなかった私でした。小手先だけの演奏に、自分でもこれのどこが魅力なのかと分からないでいました。でも、先生のレッスンを受け、先生語る言葉と音楽に触れるうちに、魂の宿る音楽がこの世に存在すること、魂の宿った音楽がいかに人の心に響くか、心に響く体験がいかに人生にとって大事か、身にしみて感じることができました。

肝心の、魂の宿る音楽をどのように作り出すか、というところは、一生かけてもできるかどうか・・・難しいところです。今なお奮闘中です。現実問題、最低限、形を整えて終わらせなければならない場面も多々あります。ピアノは演奏する技術が本当に難しいため、自分の能力的に、外観を整えるだけで精一杯だったりもします。

しかしそれでも、いつでも精神は原点に帰り、シンプルに、魂を宿すことのみである、それこそ音楽であると、心に留めておきたいと思います。

村方先生、本当にありがとうございました。

嬉しかったこと

昨日、コンサートを聴きに来てくれたお友達とちょっとお話しする機会がありました。
彼女は、音楽に関しては特に詳しいわけではない、一般の方ですが、「前のコンサートの時と、ピアノは同じなの?」と聞いてきたのです。全然違って聞こえて、なんか良かったんだ、というのです。
びっくりしました。思い当たる節はあったのですが、いわゆる素人の方が、その違いを感じ取っていたなんて。
前に弾いたものの反省と、仲間同士聴きあってのアドバイスもあり、弾き方はやはり変えていました。でも正直、お客さんには違いは伝わらないかな・・・と思っていました。細かいことですから。
いやいや、感動です。音って、音楽ってやっぱり伝わるんだ。
もちろん、それを信じてやってきているんですけれども。

なんだか嬉しい出来事でした。

Pianoアン・ドゥ・トロワ結成記念コンサート終了しました

3月1日、Pianoアン・ドゥ・トロワの結成記念コンサートが終了しました。

「陽だまりコンサート」としたのに、当日は思いっきり雨で・・・ご不便をおかけしたかと思います。

でも、楽しかった、涙が出た、プログラムが良かった、などなど、嬉しいお言葉をいただき、私たちもとっても励まされました。次への原動力となります。本当にありがとうございました。

コンサート写真

 

ご報告

少し遅くなってしまいましたが

新春コンサートが無事終わりました。

足を運んで下さった皆さん、ありがとうございました。

コーラスの皆さんも、揃ったいいお声が出ていて素晴らしかったです。やはりきちんと発声を習うことがほんとうに大事なんだなあと思いました。そして、きちんとしたことが出来ていくのが、"楽しい"に繋がるのだなあと思います。

最後のお茶は、賑やかに楽しかったですね。

こだち 二つののコンサート

横須賀市、追浜の音楽ホール、こだち。2014年の4月にオープンしました。30人ほどのこじんまりした、アットホームな空間です。

そのこだちにて開かれる、コンサートのご案内です。

1月18日(日)

 こだち新春コンサート〜歌とピアノのコンサート〜

 午後3時開演 全席自由1000円(お茶お菓子付き)

出演:近藤ひろみ(歌、こだちで合唱指導)、齋木あゆみ(ピアノ、こだち講師)、久光夕子(ピアノ)、こだちコーラス

前半のピアノでは、モーツァルトからラフマニノフまで、時代を追うように名曲を綴っていきます。後半の歌では、シャンソン、日本の歌、ポピュラー、と幅広い選曲でお聞かせします。コーラスこだちの初発表もお楽しみに。

3月1日(日)

 Piano アン・ドゥ・トロワ 結成記念コンサート

 午後3時開演 前売り券1500円(お茶お菓子付き)

出演:久光夕子、浦野和美、大坪史枝

地域の皆様に、上質なピアノコンサートをお届けします。

モーツァルト:四手のためのピアノソナタニ長調より

ショパン:ノクターン第2番

リスト:愛の夢

ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー

ほか、日本の歌メドレーやジブリの曲など、親しみやすい曲もたくさんあり、お楽しみいただけます。

ぜひ、聴きにいらしてください。

JMLスペイン講座〜モンポウ〜

今日は(日付変わってしまったので昨日か)スペイン講座に行ってきました。

正式には、JML音楽研究所で月1回開かれている、「スペイン音楽ピアノ演奏講座」です。

堅苦しく聞こえますが、そんなことは全くなく、ピアニストの下山静香さんが、スペインの歴史、風土、作曲家の生い立ちなど様々なお話を交えながら、スペイン音楽の演奏法を教えてくださいます。

今年はフェデリコ・モンポウの曲をやっています。

いやぁ、なんでしょう。音色・・・あんなに多様な音色がピアノ一つで表現されるモンポウの音楽。音色で、情景も心情も人の声も聞こえてくるんです。(先生が弾くと、ね)

自分で弾くと・・・本当に難しい。タッチの仕方、体や指の使い方、和音のバランス・・・より繊細にコントロールしなければなりません。私はまだまだ体が反応せず、時間がかかりそう;

いつかはきっと克服したい、楽しみな課題、です。