ショパンコンクール

ショパンコンクールが終わりましたね。

この5年に一度の世界最高峰のピアノコンクールで、日本からは反田恭平さんが2位に入りました!そしてもう一人小林愛美さんが4位に入賞しました!おめでとうございます😀🎉素晴らしい〜✨

今のご時世、配信の技術がどんどん進化していてありがたい限りです。リアルタイムでライブを見ることもできるしアーカイブでいつでも見返すこともできるので、ここのところ家事をしながらイヤホンでずっと聴いています。

みんな上手くて、上手い人の演奏を聴くのが本当に楽しく幸せです。それぞれが個性的な音楽を奏でていて、それぞれに魅力があります。それにコンテストたちは何年もかけて渾身の思いで準備してきているのだから、その気迫が伝わるのです。もう応援せずにはいられない。

その中で自分の”推し”も出てきて、言葉には語れないその良さを味わい、同時に自分の良しとするもの、感性を動かされるものが明確になる感じも楽しいのです。審査とはなかなか一致しませんけどね。

ただ、ピアニストの青栁いづみこさんのレポートによると、実際の会場と配信で聴いた演奏とはずいぶん違って聞こえる部分もあるそうです。実際には左右のバランスの悪さやペダリングが多い、音が割れるなどの欠点は配信では全て解消されていた、というのです。

なるほどなるほど。やはり演奏は生モノですね。いつか現地でショパンコンクールを生で聴いてみたいものです。

ハッピースマイルコンサート♪

3月28日(日)に、Piano アン・ドゥ・トロワでミニコンサートを行います。

初の試みで、生の音楽を聴きたくてもなかなか足を運べない方向けのコンサートです。

声を出しても、動き回っても、車椅子でも大丈夫。みんなで音楽を楽しみましょう。

音楽はやっぱり元気のもと! そしてみんなのもの♪ 生の音は、その空間も豊かにしてくれると思います。


ご興味のある方、予約をしたい方はコメント欄にメッセージを下さい。

このようなインクルーシブ・コンサートは、広げていけたら素敵だなと思います。今回は都内での開催ですが、横須賀のほうでもいつかやってみたいです^^

インスタライブ♪

横須賀の馬堀海岸駅にある素敵なカフェ、「Space and cafe Monton」(スペースアンドカフェモントン)、ご存知ですか?

ピアニストでもある増田美穂さんがオーナーで、グランドピアノがあるカフェです。モントンではいろいろな音楽のコンサートがしょっちゅう行われています。

お店の雰囲気がとても心地よく、お茶もとっても美味しいです。

そのモントンでは今、コロナ禍の緊急事態宣言のために大変な思いをしている方々のために、また音楽の炎を消してはいけないという思いから、毎日30分のミニコンサートを届けようという試みをしています。『モントン音楽のある風景』

その場で生演奏を聴くほか、インスタグラムで生配信でも見られるのです。

そして、私の組んでいるピアノユニット、Piano アン・ドゥ・トロワも、1月26日(火)に演奏してきました。

https://www.instagram.com/p/CKfu17JjDO3/

とても楽しい時間でした。私たちが元気をもらいました。よかったらご覧ください。

発表会終わりました

出来る形であれば、”音楽なもの”を止めてはいけない、という思いで開催しました。
子どもたちは確かに、目標に向かってちゃんと頑張って自分の舞台を楽しみにしていたから。

万全な感染対策のために最後まで変更を重ね、これで良しと思っていたはず。受け入れてもらっていると信じていたはず…

でも、開催できて良かった、とすぐに素直に口に出せなかった… 緊急事態宣言の中、ご家族は本当は嫌だったのではないか、と悶々とする時間がしばらくあり…

1人1人にメールでお礼と演奏の感想を送りました。そしたらやっと、心が復活してきました。

無事に終わって良かった。

子どもたちの舞台はご家族も喜んでいると確信が持てました。

願わくば、皆さんが皆さんの演奏を不安なく落ち着いて見守ってあげられる世の中に早くなりますよう。

講師の皆さんと自分の家族のサポートには本当に感謝です。ありがとうございました💕

4年ぶりのピアノコンサート

すでに先週のことになっていますが、こだちでのAutumn Piano Concert
終了致しました。

Piano アン•ドゥ•トロワのメンバーは、実に”今どき”ではなく…
宣伝も投稿も熱心にせず、写真も撮らず💧
身近なお客様にその場で聴いていただくこと、だけでした…
でも感想をお寄せ下さった多くの方がたの言葉、とても嬉しかったです。

今回は特にコロナ禍もあり、地味な活動のしかたになってしまいましたが、選曲やコミュニケーションや音楽的なことなど、大事にしたい事はちゃんと出来たかなと思います^ ^

そしてやっぱり仲間の存在が心強く!多くを語らなくても質の高いものをやってくれるので、100%信頼する有難い存在なのです。一緒に演奏出来て本当に楽しかった^ ^

聴きに来て下さったお客さまには本当に感謝です。

ありがとうございました😊

仲間の力

そういえば私、ピアノ演奏のユニットを組んでいる(けど活動は止まっている💧)。

学生の頃からのウン十年来の親友たちなのであるが、それぞれバラバラな生き方をしていて、人生のタイミングがまるで合わない。(それなのにやっぱりピアノを弾く時の信頼感は一度もブレたことがない)

まるで皆既日食くらいのレベルで、集まって何かやろうという気持ちと出来るという条件がやっとこさ合ってきて、一体何年越しなんだろう! 今こんなコロナ禍だけれども、コンサートのプログラムの準備をしようということになった❣️

実際にはコンサートができるのかは分からない。けれども、仲間が関わると曲を決めて練習するのにこんなに力が湧くんだなあと思う。

絶対の信頼感があって、彼女らはいい演奏に仕上げてくると思うから自分も劣るわけにはいかないという気持ちになる。ほんとは一人でできなくちゃいけないんだけど😓、やっぱり仲間って大切よね。

自分の音楽

久しぶりに真面目な考えを吐露してみよう

ピアノを弾く私のこの手、自由に思い通り動かせる感覚はない。

聴音の訓練も小さいうちにしてこなかったから、鳴っている音の確かな音名が分からない。

そうするとどうなのか、というと

指の動きに障害があればテクニックの難しい曲は避けて弾かないし、絶対音感で音が把握できないと、暗譜がとても難しい。いつでも途中で音が分からなくなる不安を抱えている。

そんな、イマイチな腕のピアノ弾きであっても、演奏の勉強がやめられない理由は。

人の心に届く音楽は、できる可能性があるから・・だろうか。

つねづね、この演奏はいいな、惹かれるなと思うものは、テクニックのうまさ、すごさとは100%関係しているわけではない、と感じてはいた。

だから人の心に届く音楽とはどういうものなのか、どうすれば良いのか、追求したい気持ちが私にはあるようだ。

弾けることを武器に売っていく(それも間違いなく大切なことではあるが)というより、自分の軸はやはり、”良いもの”を求めて演奏したり、触れたり、与えたり、そういうことなのだろうと思う。

正統派ピアニスト

9月22日(土)、高校の同級生のピアニストのリサイタルに行ってきました。

とーっても素晴らしかった。

何もかもよくよく練られた、丁寧な誠実な演奏でした。彼女の人柄そのものです。長い曲を何曲も弾くのに、一つも無意識に流れてしまうような部分が無いように思えました。音楽の流れ、響きのバランス、ひらめきというよりは、ずっと今まで努力して練習し、獲得したセンスで聴かせてくれた感じです。

そういえば、あの頃も努力家でよく練習していたなぁ。勉強もよくできていた。それからずっと変わらず、ピアノの道を全うしてきたんだなあ・・

何人か集まった同級生で懐かしく語りながら、惜しみない拍手を送りました。

幸せな時間をありがとうございました^^

まさに、情熱の饗宴!

高校時代の友人のフルートリサイタル。“情熱の饗宴”、とても楽しかったです。

前回と同様、伴奏者も同じ高校の友人。二人の息のあった共演は相変わらず見事でした。前半はクラシックで、フルートの魅力を存分に味わえる名曲揃いのプログラム。難曲だろうに、そうは思わせない、細部まで行き届いた音楽でした。二人で作り上げている音楽を楽しんでいたら、あっという間に終わってしまいました。

後半がまた、バンドとの共演で、彼らも本当に上手かった。フルートとの調和が素晴らしかったです。よく知ったおなじみの曲ですが、アレンジがかっこよくて素敵だし、自らのMCも上手だし、おまけに吹いてくれたオカリナの音色も新鮮で、こんなに盛りだくさんの充実したコンサートは、なかなか出会えないんじゃないかと思います。

素敵な時間をありがとうございました。^^

楽器使い

ピアノの音は、弾き方によって何十種類も違う音色が出せる、というのを目の前で見せられて、ものすごく圧倒されました。静香先生、進化し続けてます。

ピアニスト、というより「楽器使い」とか言いたくなります。本当に職人みたいに、その場で音色を組み合わせて音楽を作っていくのです。ため息しか出ませんでした。

一歩も近づけない凡人の私ですが、せめて、せっせと講座に通って距離、縮めておこう。