ネコ、初の胃腸炎になる

うちのネコ、ひも状のものを見ると噛み切りたくてしょうがない。

洋服のウエストについてるひもとか、エプロンのひもとか、荷造りのスズランテープとか、買い物袋の取っ手の部分とか。

気を付けてはいるのだが、うっかりピローンと垂れ下がっていたりすると、くちゃくちゃ噛んで当然呑んでしまふ。ウンチと一緒に出てくるときもあるが、だいたいあとでウェーっとやって吐き出す。

その日も朝ごはんを食べてパトロールして、気に入った場所でゆっくりしていたのですが、、、突然けほっけほっとし始め、吐いてしまった。

またやったなーと思ってお片づけするだが、怪しいものが見当たらない。毛玉もない。なんで吐いたかな?と不審に思っていたら、その後、続けて2回、3回と戻してしまうし、そのうちだんだん元気もなくなって食欲も無く、しゅんと小さくなっている。

これはおかしい、と翌日病院へ。

例によってキャリーバッグから一歩も出られない臆病者である。(^_^;) 全力で踏ん張って出てこないネコに先生は優しく、出たくないの?いいよいいよ、といって後ろから触って診察や注射をしてくれた。

この気候による単純な胃腸炎でしょう、とのこと。その日は一日絶食を命じられ、とは言っても本ネコ全く食べたくもなく難しいことではなかったので、ひたすらか弱げに見えるネコをいたわるのみ。普段ネコにとっては迷惑なちょっかいばかり出している我が息子も、この時は「もういぢめるのやめる」と言って優しくしていた(- -;)

兎にも角にも弱々しく部屋の隅でまるくなる姿はかわいそうで、これまたかわいい・・・

つづく

投稿者:

usako

ピアノ指導歴20年以上。 大人になるにつれて音楽を続けてきたことが宝物になっています。音楽を通じて、素晴らしい体験ができたり、人との出会いがあったり。 そんな素敵な音楽を楽しんでくれる人が増えたらいいなと、自宅教室でピアノを教えています。 こだちホールでの第二教室を開きました。より環境の整った空間で、幅広い年齢層の方々に楽しんでいただけるように、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です